【医療者向け】ストレッチ

【医療者向け】ストレッチ

【リハに役立つ!!】関節可動域制限に対する治療戦略の考察まとめ

拘縮の定義は以下の通りです。 「皮膚や骨格筋、腱、靭帯、関節包などの関節周囲軟部組織の器質的変化に由来した関節可動域制限」 上記の定義では筋スパズム・痙縮などによって生じる筋収縮は含まれていませんが、関節可動域制限の多くは拘縮に筋収縮の...
【医療者向け】ストレッチ

【リハに役立つ!!】不動による筋膜の変化についてまとめ

骨格筋の伸長性は筋線維と筋膜が関わってきますが、そのなかでも不動による骨格筋の伸長性の変化に関しては筋膜の影響が大きいと考えられる。 さらに筋膜を構成するコラーゲン線維は張力に対して強い抵抗を持っており、不動によるコラーゲン線維の変化...
【医療者向け】ストレッチ

【リハに役立つ】不動による骨格筋の筋長・伸張性・筋線維の変化

不動による骨格筋の変化 Specter SA, et al:Architectural alterations of rat hind-limb skeletal muscles immobilized at different le...
2021.01.22
【医療者向け】ストレッチ

【リハに役立つ!】関節包の変化に由来する拘縮

関節可動域制限を生み出す拘縮の最も多い責任病巣は骨格筋ですが、骨格筋に次ぐものが関節包であるとも言われており、関節可動域の原因として関節包の拘縮は決して無視できません。 また、不動期間が一カ月以内では骨格筋の拘縮が主な関節可動域制限を...
2021.01.22
【医療者向け】ストレッチ

【リハに役立つ!】靭帯の変化に由来する拘縮

拘縮の病態は主に骨格筋だと言われていますが、実際に骨格筋以外に靭帯などの軟部組織の器質的変化により拘縮が生じていることは決して無視できません。 ここでは靭帯の器質的変化に由来する拘縮についてお伝えしていきます。 靭帯の構造 靭帯は...
2021.01.22
【医療者向け】ストレッチ

【リハに役立つ】拘縮に対するストレッチ方法別の効果の違い

関節可動域制限に対して運動療法を行うことは効果があると言われており、リハビリにおいて関節可動域制限の治療に運動療法を行うことは珍しくありません。 運動療法の中でもストレッチは、関節可動域制限に対する治療の代表であり先行研究では対象によ...
2021.01.22
【医療者向け】ストレッチ

【リハに役立つ!】骨格筋の変化に由来している拘縮についてまとめ

岡本眞須美, 他:不動期間の延長に伴うラット足関節可動域の制限因子の変化ー軟部組織(皮膚・筋)と関節構成体由来の制限因子について. 理学療法学 31:36-42,  2004 一カ月以内の不動で生じる拘縮は主に骨格筋が中心になると上記のよ...
2021.01.22
【医療者向け】ストレッチ

【リハに役立つ!】筋収縮から生じる骨格筋の伸長性低下と変化まとめ

脳卒中・脊髄損傷から生じる痙縮・痛みによる筋スパズムなどから筋収縮が生じ、関節可動域制限の発生を左右する要因だと言われています。 筋収縮は一時的に筋肉を短縮させて張力を得るということであり、持続的な筋収縮は筋・関節周囲の軟部組織の柔軟...
2021.02.04
【医療者向け】ストレッチ

【リハに役立つ!】関節可動域とストレッチの生理学的な関係性

ストレッチは身体に様々な影響を及ぼし、理学療法などのリハビリでは古くから取り入れられている治療の1つです。 ストレッチを行う多くの目的が関節可動域制限の改善だと思われます。 ここでは関節可動域制限とストレッチの関連に絞って生理学...
2021.02.04
【医療者向け】ストレッチ

温熱療法とストレッチを効果的に組み合わせるポイントまとめ

ストレッチは古くから効果が示されており、様々な生理学的効果が期待出来ます。 ・軟部組織の伸張性↗ ・短縮した軟部組織の改善(組織構造変化) ・疼痛緩和 ・血流改善(+パフォーマンス向上) ・筋委縮...
2021.01.21