【医療者向け】画像

【医療者向け】画像

療法士なら知っておくべきMRIに関する基礎知識まとめ

経験豊富なキャリアドバイザーによる転職支援「PTOTキャリアナビ」 MRIは磁石と電磁波を使い核磁気共鳴現象を利用して断画像を得る手法です。 強い磁石内に人体を入れて電磁波を照射します。 照射した電磁波が人体内の水素原子核...
2021.01.21
【医療者向け】画像

【リハに役立つ】療法士なら知っておくべきCTの基礎知識まとめ

細胞レベルで若返る!?これからの常識を覆す若返り成分NMNとは? CT画像は、【Computed Tomography】と言い、X線画像と同様にX線を使います。 X線画像はX線管と検出器の間に被写体がいることでX線の通りやすさの...
2021.01.21
【医療者向け】画像

【リハに役立つ】療法士なら知っておくべきX線画像の基礎知識まとめ

画像所見は理学療法を行う前の有力な情報となります。 画像所見を見て評価する為には、各疾患・受傷ごとの画像所見を読み解くことが大切です。 そのためにまずは根本的な画像の知識が不可欠です。 この記事ではX線画像の基礎知識につい...
2021.01.21
【医療者向け】画像

【リハに役立つ!!】脳画像から考える脳卒中患者の予後予測

脳卒中患者の評価で欠かせないのが脳画像の評価です。 脳画像の評価の最大の目的が予後予測ではないでしょうか? ここでは脳画像の予後予測についてお伝えしていきます。  家に眠っている使わない医学書・医学専門書を売って、次の書籍を購...
2021.01.20
【医療者向け】画像

【リハに役立つ!!】鎖骨骨折の画像の見方

鎖骨骨折は比較的よくみられる骨折であり大人の骨折の2~4%、肩関節周辺骨折の35%という報告があります。 30歳以下で1つのピークがあり、中央の骨幹部骨折が多く、性差では男性に多いです。 高齢者で小さなピークがあり、骨粗鬆症に基...
2021.01.20
【医療者向け】画像

【リハに役立つ!!】橈骨遠位端骨折の画像の見方

橈骨遠位端骨折は転ぶ際に手をついたり、自転車バイク事故などの衝撃の際に骨折することがほとんどです。 50~70代以降にみられることが多く、特に閉経後の女性では骨粗鬆症により骨がもろくなり小さな外力でも骨折が生じることがあります。 ...
2021.01.20
【医療者向け】画像

【リハに役立つ】画像所見:上腕骨近位端骨折

肩関節は関節の中で最も大きな可動域を持つ関節であり、付着している筋などの軟部組織が多く受傷により軟部組織の損傷を伴いやすい骨折です。 上腕骨近位端骨折は若い人ではスポーツや交通事故などの高エネルギー外傷などによって生じ、高齢者では転倒...
2021.01.22
【医療者向け】画像

【リハに役立つ】足関節骨折(脛腓骨遠位端骨折)の画像の見方

受傷機転 脛腓骨遠位部骨折は、交通事故・スポーツ外傷、転倒・転落などので下腿や足部が固定された状態で、下腿と側部の間に捻転力や回旋力が加わって、脛骨遠位部や足関節の骨折が生じます。 脛骨・腓骨の遠位関節面で、外果・内果・両果・距...
2021.01.22
【医療者向け】画像

【リハに役立つ】下腿骨骨幹部骨折:画像の見方

下腿骨骨幹部骨折は交通事故やスポーツなどのにより強い外力が加わることで生じます。 下腿部は大腿部などに比べて骨周囲の軟部組織が少なく、比較的表層に骨があります。 その為、血流量が比較的乏しいため骨の癒合は進みにくい特徴があります...
2021.01.22
【医療者向け】画像

【リハに役立つ】脊椎破裂骨折の画像の見方とは?

脊椎圧迫骨折と脊椎破裂骨折の違いを知る為には【three column theory】について知っておく必要があります。 1983年にDenisにより脊柱は前中・中央柱・後柱の3つに分けられました。 脊椎圧迫骨折は前柱のみが損傷...
2021.01.22