【医療者向け】痛み

【医療者向け】基礎

【リハに役立つ!!】筋損傷の回復の過程まとめ

過度な運動を行った後に遅発性筋肉痛(DOMS)とは筋損傷によって生じたものであり、外傷により生じた組織損傷の回復過程とは異なる過程を経て治癒していきます。 細胞レベルで若返る!?これからの常識を覆す若返り成分NMNとは? 筋線維...
2021.01.21
【医療者向け】痛み

【理学療法士が伝える】臨床ですぐに使える痛みの評価ポイントまとめ

痛みというものは筋力低下・筋委縮・関節可動域制限・廃用症候群など様々な悪影響を及ぼし、痛みというものは更なる機能障害を引き起こさない為にも早急に治療すべき症状の1つと言えます。 痛みを治療する為には痛みの原因を評価することが大切であり...
【医療者向け】痛み

【理学療法士が伝える】脳で感じる痛み:<痛みの認知>とは

痛みの認知は頭頂連合野・前帯状回・島皮質・前頭前野などいった広い領域が関わっています。 痛みの認知をもっと詳しく把握する為に記事の前に一度痛みの知覚・情動の記事を参照してみてください。 【理学療法士が伝える】脳で感じる痛み:<痛みの...
2021.01.20
【医療者向け】痛み

【理学療法士が伝える】脳で感じる痛み:<痛みの情動>とは

機械的侵害受容器はAδ線維、ポリモーダル受容器はC線維を通り、脳に痛み信号を伝えます。 Aδ線維は外側脊髄視床路を通り、視床の腹側基底核群を経由し一次体性感覚野・二次体性感覚野に到達します。 外側脊髄視床路は痛みの知覚経路と考え...
2021.01.20
【医療者向け】痛み

【理学療法士が伝える】脳で感じる痛み:<痛みの知覚>とは

末梢組織の何らかの原因により痛みが生じた場合、痛み信号は末梢・中枢で修飾されて脳に伝達されます。 痛み信号の修飾は中枢(脊髄)ではワインドアップ現象・長期増強・シナプス再構築などにより増強したり、反対に下降性疼痛抑制系の作用により減弱...
2021.01.20
【医療者向け】痛み

【リハに役立つ!!】理学療法士が伝える!痛みと不活動の関わりとは

骨折や靭帯損傷の保存療法ではギプスやスプリントを用いた患部の固定があり、損傷した組織の回復促進を目的に行われます。 しかしこのような患部の固定は2次的に拘縮や筋委縮といった運動器の機能障害を惹起することも知られており、リハビリテーショ...
2021.01.22
【医療者向け】痛み

【PTが伝える!!】痛みと損傷組織の治療(炎症時期に基づいて)

末梢組織が原因の疼痛として、臨床場面で多く目撃するのが組織損傷由来のものであり炎症反応があります。 組織損傷由来の末梢性の疼痛は長く続くと、神経性の可塑的変化を引き起こし慢性痛に移行します。 その為、痛みの治療として大切なポイン...
2021.01.22
【医療者向け】痛み

【理学療法士が伝える】痛みの抹消性機構と感作と悪循環

痛みは放っておくと感作を起こし慢性痛に移行します。 その為、治療対象の痛みはなるべく早く治療することが望ましいと言えます。 組織が損傷されると炎症反応が生じ痛みが発生しますが、この痛みは損傷を受けた組織・周辺組織に原因がある急性...
2021.01.22
【医療者向け】痛み

【理学療法士が伝える】痛みを制御するシステムー下降性疼痛抑制系

痛みは情動を言われています。 痛みは痛覚刺激に対する情動であり、同じ痛覚刺激であっても感じる情動は人それぞれです。 「痛みに過敏な人」・「痛みをあまり気にしない人」では痛みの感じ方だけでなく、痛覚刺激そのものの違いが生じます。 ...
2021.01.22
【医療者向け】痛み

【理学療法士が教える】痛みの中枢性感作ー脊髄の神経可塑的変化

急性痛というものは放っておくと慢性痛に移行し、痛みが長期間にわたって出てしまうことがあります。 急性痛が慢性痛に移行する原因は多種多様です。 急性痛が慢性痛に移行する原因・メカニズムを知っておけば防止につながり、痛みの治療にもつ...
2021.01.22