【医療者向け】浮腫

【療法士向け】理学療法士が教える浮腫のメカニズム・評価・治療

浮腫は身体を重くするだけでなく、浮腫を放っておくと組織の線維化につながり重大な関節可動域制限につながる可能性もあります。 しかし、浮腫が生じる原因は様々であり、原因により治療方法が異なります。 また、治療を行うと重大な疾患を悪化...
2021.01.20
【一般向け】椎間板ヘルニア

【理学療法士が伝える!】椎間板ヘルニアについて(体験談)

普段私は理学療法士として病院勤務をしています。 仕事上、腰に負担がかかることが多くリハビリ業務をされている方のほとんどが腰痛を経験します。 リハビリ業務をして腰痛を経験する割合は、運送業などを仕事をしている人の割合より多いそうで...
2021.01.20
【一般の方向け】腰痛

理学療法士が教える!腰痛の原因と対処法(ストレッチや筋トレ)

腰痛は全人口の8割の人が一度は経験すると言われています。 腰痛は非常に多くの人が経験するものであり、腰痛に悩まされる人が大勢いらっしゃいます。 腰痛の原因の8~9割は非特異的腰痛といい、椎間板ヘルニアや骨折などを除く疾患を伴わな...
2021.01.20
【一般の方向け】脳卒中

理学療法士が教える!!脳卒中の原因や症状についてまとめ

日本は飽食の時代となり生活習慣病にかかる方が増えてきました。 脳卒中についても日々の生活習慣が発症に影響することは周知に通りです。 脳卒中についてなんとなく知っているけど、詳しく知っている人少ないと思います。 ここでは脳卒...
2021.01.20
【医療者向け】歩行

【医療者向け】理学療法士が伝える!正常歩行に必要な筋力について

歩行というものは多くの方が当たり前に行っている移動形態です。 入院患者でも多くの方がまず最初に歩行の再獲得を望みます。 歩行を行う為には、必要最低限の身体機能が必要であり、その中でも筋力が不十分であると跛行の出現につながり、歩行...
2021.01.20
【医療者向け】歩行

【医療者向け】理学療法士が伝える!!下肢筋力と歩行について

虚弱な高齢者が歩行能力が低下してしまう原因の1つとして下肢筋力低下は明らかです。 その為、高齢患者の歩行能力低下の原因を分析・訓練方法を決定していく上で筋力評価は欠かせません。 しかし、短距離の歩行はなんとか自立している潜在的な...
2021.01.20
【医療者向け】痛み

【医療者向け】理学療法士の視点から伝える“痛みの基礎”について

痛みとは機能面では筋力低下や関節可動域制限などにつながり、動作面ではADL動作能力などの低下につながります。 痛みとは本来発揮されるべき能力を阻害してしまう可能性があるものであり、患者様が痛みを訴えている場合、 理学療法の治療範...
2021.01.20
【一般向け】糖尿病

【理学療法士が教える!】糖尿病の合併症・怖さまとめ!!

近年、日本の食事は豊かになり昔はあまり馴染みのなかった糖尿病という病気を耳にするようになりました。 糖尿病とは生活習慣病の1つであり、日々の生活習慣により発症するものです。 糖尿病は重症化すると失明や切断になる恐ろしい病気です。...
2021.01.20
【医療者向け】痛み

【医療者向け】理学療法士が教える虚血で筋緊張が亢進する理由とは?

筋緊張の過度な亢進は疼痛や関節可動域制限を生じさせ、日常生活に影響が出てくることもあります。 筋緊張の過度な亢進の治療として、徒手療法ではリラクセーションやストレッチ、物理療法では温熱療法やバイブレーション(振動刺激)、時には寒冷療法...
2021.01.20
雑記

【理学療法士だから伝える】相手と信頼関係を築くテクニック3選!!

私は普段は理学療法士として病院で勤務しています。 病院で人を相手にリハビリを行うわけですが、リハビリを行う上で相手から信頼されることが必要不可欠です。 相手から信頼されていないと中々計画に治療が出来ないことがあります。 私...
2021.01.20