【リハに役立つ】血液検査の解釈:γ-GTP編

【医療者向け】血液・尿検査

リハビリを行っていく上で部分的な評価だけでなく、理学療法以外でも全体的な評価は欠かせません。

全体的な評価の1つとして血液データの解釈は欠かせません!

ここではγ-GTPの解釈についてお伝えしていきます。

γ-GTP

γーGTPとは肝臓の解毒作用に関係している酵素です。

肝臓や胆管の細胞が壊れると血液中に流れてくることから「逸脱酵素」といわれています。

その為、γ-GTPは肝臓や胆管の細胞が壊れたことの指標として利用されます。

γ-GTP自体が血系中に多くなっても、それ自体が身体に悪影響をもたらすことはありません。

γ-GTPが高くなる疾患には、肝炎・脂肪肝・胆石や胆道癌などがあります。

γ-GTPの基準値

γ-GTPが高値の時

症状 黄疸・腹水

心血管疾患症状(胸痛・浮腫)

尿・便の変色

皮膚掻痒感

病態 胆汁うっ滞などで、膜結合γ-GTP分子の可溶化、胆汁中のγ-GTPの血液への逆流、毛細胆管上などのγ-GTP合成が亢進される

アルコールがマイクロゾーム中のγ-GTPを誘導し活性を増加させる

原因・影響因子 肝細胞障害(急性・慢性肝炎・肝硬変・アルコール性肝障害・肝内胆汁うっ滞)

急性心筋梗塞・うっ血性心不全

抗痙攣薬・向精神薬の内服

γ-GTPが単独で増加した場合、アルコール量やアルコール摂取習慣を聴取します。

γ-GTPは肝臓・胆道疾患時に他にALP・LAPと変動することが多いのでALP・LAPも確認します。

心筋梗塞が疑われる場合はγ-GTP以外にCK・CK-MB・ALT・AST・トロポニンTの値も確認します。

γ-GTPが低値の時

症状 なし
病態 妊娠時は女性ホルモンが多く分泌され、γ-GTPを低下させます
原因・影響因子 妊娠

アルコール摂取の習慣がない女性では10IU/L以下になることがあります。

リハプログラム

急性心筋梗塞・うっ血性心不全の急性増悪の場合はリハ禁忌となります。

γ-GTPが高値でCK・CK-MB・ALT・AST・トロポニンTも高値であり心筋梗塞を疑う場合はリハビリを中止し、Drに報告し心電図を測定します。

肝炎・肝硬変(身体所見:黄疸・腹水)の有無を確認し出血時には感染に注意します。

その他の注意点

加齢に伴い肝・胆道系の機能が低下することでγ-GTPが上昇するので高齢者の場合は解釈に少し注意が必要です。

急性ウイルス肝炎ではγ-GTPは100IU/L以下の軽度の上昇にとどまることが多く、AST・ALTよりも少し遅れて推移します。

参考書籍

血液検査の数値を把握しておくことで、より詳しくリハビリのリスクを把握したり、リハビリプログラムの構築の工夫リハビリの進捗を予測することが出来ます。

血液検査に詳しくなると、周囲の療法士に頼られることが増えると思います!!

検査項目別・疾患別で記載してあるので、ぜひ参考にしてみて下さい!!

リハに役立つ検査値の読み方・とらえ方 [ 田屋 雅信 ]

価格:3,740円
(2020/6/19 15:45時点)
感想(2件)

 

臨床判断を鍛えるアセスメント力がつく検査値の読み方[本/雑誌] / 道又元裕/監修

価格:3,245円
(2020/6/19 15:45時点)
感想(0件)