【理学療法士が伝える!】椎間板ヘルニアについて(体験談)

【一般向け】椎間板ヘルニア

普段私は理学療法士として病院勤務をしています。

仕事上、腰に負担がかかることが多くリハビリ業務をされている方のほとんどが腰痛を経験します。

リハビリ業務をして腰痛を経験する割合は、運送業などを仕事をしている人の割合より多いそうです。

それくらい、腰に負担のかかる仕事だということです。

私も例にもれず、腰痛を長年経験しましたがある日に神経痛が走ったので、ヘルニアではないかと思い病院で診察を受けました。

MRI検査を受け、画像を一緒にみたところ骨盤レベル(S1)の腰椎椎間板ヘルニアでした。

椎間板ヘルニアを診断されてから10カ月痛みを我慢していましたが、とある日にくしゃみをした衝撃で椎間板ヘルニアが悪化し、歩けなくなり入院しました。

入院当初は痛みで2~3歩も歩くことが出来ず、車椅子を使って移動していました。

入院してからは神経に注射をしたりし、最終的には手術をして治しました。

現在はほぼ完治し、職場復帰しリハビリ病院で勤務しています。

【椎間板ヘルニア】《保護用》腰痛ベルト|腰椎ヘルパー005/コルセットミュージアム

価格:3,630円
(2020/6/3 16:58時点)
感想(0件)

ここでは【理学療法士の立場】と【実際にヘルニアを経験した立場】として椎間板ヘルニアについてお伝えしていきます。

椎間板ヘルニアとは…?

 

ヘルニアとは”本来ある部分から飛び出す”という意味があります。

椎間板ヘルニアとは、椎間板が本来ある位置から飛び出していることを言います。

椎間板とは、背骨の間にあるクッションみたいなものです。(上図の水色)

その椎間板がなんらかの原因で飛び出してしまい、後ろにある脊髄を圧迫してしまうと神経症状が出てきます。

椎間板ヘルニアの原因と好発年齢

椎間板は年齢を重ねていくにつれて椎間板内の水分量が減っていきます。

椎間板内の水分量が減ることでクッションとしての役割を果たすこと(衝撃吸収)が難しくなってきます。

その為、椎間板ヘルニアになる一番多い原因は加齢です。

また、椎間板ヘルニアは頸部・胸部・腰部など多くの部分で生じてしまう可能性があります。

頸部(首)の椎間板ヘルニアは加齢に加えて、読書やパソコンやスマフォ画面をずっとみる(やや下をみる)ことを長時間続けることで負担がかかることで生じやすくなります。

腰部(腰)のヘルニアは重たいものを持ち続けたりすることで腰に負担がかかり生じやすくなります。

引っ越しや運送業、介護職などをされている方は注意する必要があります。

また、股関節周りの柔軟性が乏しいと骨盤が歪みやすく、腰に負担がかかりやすいので注意が必要です。

・椎間板ヘルニアの好発年齢

椎間板ヘルニアは20~70代までの幅広い年齢層でみられますが、意外と働き盛りの若い世代にも多いです。

・頸椎椎間板ヘルニア

好発年齢:30~50代がピークとなっています。

20台で頸椎椎間板ヘルニアになる人は、格闘技やラグビーの選手に多いです。

30代からは上ばかりみている電線の仕事や同じ画面を見続けて首が動かないプログラマーなどが多いですが、意外と教師をされている方にも多いです。

・腰椎椎間板ヘルニア

好発年齢:20代と40代がピークになっています。

20代でピークになる人は運送業や現場仕事、私みたいにリハビリの仕事をしている人や介護職をしている人に多いです。

椎間板ヘルニアの症状は?

椎間板ヘルニアの症状は私の体験談も踏まえて説明します。

椎間板ヘルニアは上記の図の様に、本来ある背骨の間から飛び出してしまい脊髄を圧迫することで症状が出ます。

脊髄を圧迫するので神経由来の症状が出ます。

症状は椎間板ヘルニアが生じている部分から下の身体に症状が出ます。

頸椎椎間板ヘルニアなら両手足、腰椎椎間板ヘルニアなら両足に症状が出ます。

そして代表的な症状は主に3つあります。

・疼痛(痛み)

脊髄を圧迫することで疼痛が出ます。

これは痛みを伝える神経経路を圧迫することで、痛みを伝える神経が刺激を受けて痛みが脳に伝えられます。

神経痛の感じ方として、「焼けるような痛み」・「するどい痛み」がよく言われます。

私も焼けるような痛み左大腿の後ろ側に24時間出ていました。

脊髄の圧迫が痛みの原因なので、痛い部位をいくら揉んでも、湿布をはってもよくなりません。

神経痛は即時的に治すことはかなり困難です。

対処法としては神経ブロック(痛みを伝える神経を抑える薬:代表の薬はリリカetc)の薬を飲むのが代表的な対症療法です。

・運動麻痺

脊髄を圧迫しているので、脳からの指令が筋肉まで伝わりきらずに運動麻痺が生じることがあります。

手足に力が入りにくい、左右の筋力の差がありすぎる場合などは一度病院に行ってみましょう。

・感覚麻痺、異常感覚

脊髄を圧迫しているので、触覚・圧覚などを伝える感覚神経が脳に伝わる前に阻害されてしまいます。

手足の感覚が鈍くなることがあるので、違和感を感じたら病院にいきましょう。

また、異常感覚として”痺れる”感覚が出ることもあります。

私は腰椎椎間板ヘルニアは最終的に手術で治しましたが、手術後に痺れが2週間ほど左足に出ました。

ここでいう痺れは長時間正座をして足が痺れたというような感覚ではありません。

私は左足の裏が痺れてましたが、感覚を説明するなら「靴下を履いて足裏に砂浜の砂が入っている」ような感覚でした。

・排尿、排便障害

排尿・排便に関する神経活動は脊髄の末端にあります。

脊髄を圧迫してしまうので、脳からの指令に不具合が出てしまう為、尿が出にくくなったり(排尿困難)、逆にくしゃみなどの衝撃で尿が漏れやすくなったりまします。

排便障害も同様です。

ジェリーフィッシュチェアー JELLYFISH CHAIR WKC102 / ジェリーフィッシュチェアー バランスボール イス 椅子 エクササイズ フィットネス 洗える 伸縮 スツール チェア ブルックリンスタイル 西海岸風 北欧 在宅勤務

価格:11,000円
(2020/6/3 17:00時点)
感想(12件)

【皆様に選ばれて楽天1位獲得】 バランスボール 55cm 65cm 75cm フットポンプ付き 空気入れ 耐荷重250kg 送料無料 アンチバースト 椅子 ダイエット器具 ダイエット 器具 ヨガボール エクササイズ

価格:1,470円
(2020/6/3 17:10時点)
感想(1074件)

椎間板ヘルニアの治療方法は…?

椎間板ヘルニアの治療方法は大きく分けて【保存療法】【観血的療法(手術治療)】の2つに分けられます。

治療方法は基本的に保存療法が優先的に選択されます。

保存療法では治療出来ないほど、椎間板ヘルニアが悪化した場合手術療法が選択されます。

その理由として椎間板ヘルニアは基本的に自己治癒出来るという点です。

椎間板が本来ある位置から飛び出してしまうと、マクロファージという免疫細胞が飛び出した椎間板を異物として処理するからです。

この処理は椎間板ヘルニアの程度により変わりますが、数カ月かかります。

なので椎間板ヘルニアは保存療法が第一に選択されるというわけです。

保存療法

・神経ブロック

激しい痛みを抑える為に、局所麻酔を行った後にリアルタイムで画像を見ながら神経部分に直接注射をします。

私も手術前は神経ブロック注射を行いましたが、注射を行う部位を探る過程や注射を行っている時はすごく痛かったです。

・薬物療法

痛みを和らげる為に痛みを伝える神経の活動をブロックする薬を飲むことで痛みが和らぐことがあります。

代表的な薬として”リリカ”などが挙げられます。

”リリカ”は痛みを抑えるのに有力な薬ですが、副作用として眠気や吐き気などがあります。

・理学療法

痛みが落ち着いた後に筋肉強化の運動や筋肉の柔軟性を促すストレッチを行ったりします。

また背骨を一時的に離開(離す)ように、頸椎なら首・腰椎なら骨盤を専門的な機械を用いて”牽引”することがあります。

・装具療法

腰椎椎間板ヘルニアの場合はコルセットなどの装具を用いて、負担を減らして経過を観察する方法をとることもあります。

代表的なコルセットとしては、”マックスベルト”などが挙げられます。

保存療法はどれか1つを選択するのではなく、複数併用して行うことがほとんどです。

手術療法

保存療法で治療出来なかった場合に手術療法が選択されます。

また、日常生活に支障をきたし本人が希望する場合は手術療法が行われることもあります。

「排尿・排便障害がある場合n」には、48時間以内に緊急の手術を受けるように勧められています。

・後方椎間板切除術

背中側から切開し、ヘルニアを切除します。

・椎間固定術

特別な金属で背骨を固定する方法であり、とくんい腰痛がひどい場合や加齢により背骨を固定する方が予後が良い場合に後方椎間板切除術と同時に行われます。

椎間板ヘルニア:日常生活で気をつけたいこと

●長時間同じ姿勢を取り続けないように注意することが大切です。

座っているだけでも腰には負担がかかっています。適度に休息し、身体を動かすことで筋の緊張をほぐし、負担をかけ続けないようにしましょう。

座り方

正座や横座りよりあぐらをかいた座り方は一番腰に負担がかかります。

腰に椎間板ヘルニアなどの持病を持つ人は、あぐらをかくことをオススメしません。

また、椅子に座る際は椅子が低すぎたり・高すぎたりすると腰に負担がかかるので股関節が膝関節より少し下になるように調整しましょう。

掃除

掃除機をかける際は身体が前屈みにならないように高さを調整することが大切です。

椎間板ヘルニアに前屈みで立つ姿勢はよろしくありません。

出来るだけ上半身を起こした姿勢で行いましょう。

どうしても身体をかがめないといけない時は、片手は膝を支えにして行う事で腰の負担が減ります。

立ち仕事

料理をする時や工場勤務などによりずっと立ちながら何かを行う時は足元に足台を置いて片方の足を交互に乗せて休ませながら行うと効果的です。

物の持ち運び

物を持ち上げる際は、荷物が足元に来るように近づき、腰を落として、なるべく身体から離さないようにして持ち上げます。

中腰や過剰に前屈みになっている状態で物を持ち上げることは腰に非常に大きな負担がかかりますので、絶対辞めておきましょう。

また、自分より高い位置にある物を取るときは背中を反らさない為にも、台の上に乗って出来るだけ近づいて取るようにしましょう。

体重管理

肥満によりお腹周りに脂肪がついている場合は、背骨に対して不自然な力が働きやすく、腰に負担がかかりやすくなります。

運動グッズの通販サイトです。まずは運動を行いやすいように道具から揃えてみてはいかがでしょうか?

身体を作る割合は運動が3割、食事が7割と言われています。食生活が乱れている人は一度以下の食事を試してみてはいかがでしょうか?