これからリハビリの常識が変わるかもしれない!?若返り成分:NMN

雑記

私たち療法士は高齢者を相手にリハビリを行う人が多いと思いますが、今細胞レベルで若返りが証明されているNMN成分が注目されています。

人の細胞が若返ることが当たり前になる時代、老化を克服した時代がくればリハビリの常識が変わることが予測されます。

今回は少し趣旨が異なりますが、人が若返るNMNについてお伝えしていきます。

個人的にこれからのリハビリの常識変化についていく為に必須な知識だと思われます。

 

老化というものは

10代・20代のような若いころは機能低下した細胞は新しい細胞に取り替えられ、身体の若さ・機能を保つことが出来ています。

しかし、加齢と共に細胞を取り換えるスピードが遅くなったり、細胞を取り換えること自体が難しくなってくるようになってしまい身体の老化が進みます。

また活性酵素による身体の酸化(サビ)は老化の大きな原因となります。

活性酵素は体内に侵入した最近・ウイルスを除去する大切な役割がありますが、過剰な活性酵素は健康な細胞に悪影響を及ぼし老化に繋がると言われています。

活性酵素は呼吸・紫外線・タンパク質の糖化・ホルモン分泌の変化によって生じたりしますので身体の酸化は生きている限り避けることは出来ません。

 

ヒトの老化には個人差がある

時間は誰にでも平等に流れますが、人の老化には個人差があります。

老化のスピードは生活環境や生活習慣によって大きく変わります。

老化の原因は活性酵素ですが、今まで言われてきたアンチエイジング活性酵素を除去することで老化を防ぐ治療でした。

細胞がが若返る成分:NMNとは!?

NMNについて

●NMN:ニコチンアミド・モノヌクレオチド

NMNはもともと体内で生成されている物質であり、NMNは体内でNADという物質に変換されます。

NADは【DNA損傷を修復するサーチュイン遺伝子の活動低下】によるDNA損傷が続く状態(老いのメカニズム)を治療できるとされています。

NADはサーチュイン遺伝子を活性化させて老いのメカニズムを防止します。

つまりNADは身体の機能を保つ為に必要な成分となっています。

しかし、加齢に伴いNAD物質が身体の各部位から減少していき、NADを作る為に必要なNMNを体内で作る能力も減少していくことが分かっています。

NADの減少・NMNの産生能力の減少が老化につながり、様々な健康被害を引き起こしていることが分かっています。

 

NMNは既に様々な効果が証明されてきている!!

NMNを用いた研究はハーバード大学などで既に行われており、人間で60歳になるマウスに1週間NMNを与えると筋肉細胞の働きが人間の20歳相当に若返ったという結果が得ています。

つまり筋肉の細胞が60歳➡20歳に若返ったということです。

またNMNを与えたマウスは以下の効果が出ています。

・老化に伴う代謝低下の改善
・睡眠の質を保つ(少ない睡眠でも十分な休養が取れる)
・インスリン分泌能が高くなる(糖尿病の進行抑制の期待)
・網膜の視神経細胞の機能が高くなる
・海馬依存性の記憶、学習能力が高くなる(認知症予防の期待) などなど

 

NMN摂取による期待出来る効果

細胞の老化防止・若返り

ミトコンドリアはATP(細胞を動かす為のエネルギー)を生成する働きを持っています。

ミトコンドリア自体は加齢とともに減少し、ミトコンドリアそのものが弱くなってしまうことで正常に機能しなくなります。

ミトコンドリアが正常に機能しないと大量の活性酵素が排出されるようになり、老化の原因につながり様々な健康被害が生じます。

NMNを取り入れると、ミトコンドリアの活動が高まると言われており、余分な活性酵素の排出を防ぐことが出来ます。

NMNを摂取することによりミトコンドリアの機能を維持することは抗老化が期待できると考えられています。

 

肌トラブルの改善

NMNは体内でNADに変換され、NADはサーチュイン遺伝子を活性化させ細胞レベルで老化の原因に作用し、細胞を修復させます。

サーチュイン遺伝子の活性化は肌細胞のターンオーバーに作用し、シワやたるみ等の肌トラブル改善に効果があるとされています。

 

男性特有の悩みの改善

サーチュイン遺伝子活性化による若返り効果は男性特有の勃起不全(ED)や薄毛に効果が期待されているため、NMN摂取は男性特有の悩みの解決も期待できます。

 

脂肪燃焼効果

NMNには人に蓄積した脂肪を燃焼させる効果があります。

また、肝臓がアルコール分解するときにも作用し、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解にも効果が期待出来ます。

 

糖尿病進行抑制の期待

NMNの原料であるビタミンB3は、インスリン(血糖値を下げる唯一のホルモン)合成に必要な栄養素です。

NMN摂取はインスリン分泌能が高くなり、NMN摂取の有無によって血糖値に差が生じていることが研究っで分かっています。

NMNは臓器や目・脳の機能低下を防ぎ、老化に関する身体の症状の改善が期待できることが現在知られています。

※糖尿病が治るわけではありませんので注意して下さい。(2020年現在)

 

自律神経・ホルモンバランスを調整、睡眠の質の改善

NMNは脳幹に作用し、活性化された脳幹の一部である下垂体・視床下部からの指令により全身ホルモンバランスを改善します。

食生活・ストレスによって崩れたホルモンバランスは、肌荒れや自律神経の異常をきたすことがありますが、NMN摂取はホルモンバランスの改善が期待できます。

NMNが脳幹に作用することで、自律神経の働きが改善され、全身のバランスを正常に機能することが期待出来ます。NMNが脳幹に作用するので、メラトニンが増加し、睡眠の質を改善する効果があるといわれています。

また、男性・女性の不妊の原因を改善、筋肉と・骨の強化作用があるといわれています。

 

記憶力の向上する

海馬の活性化により記憶力、特に短期記憶力の向上が期待出来ると言われています。

将来的には認知症という概念が無くなるかもしれませんね

 

NMNは秘かに日本で広まってきている!?

NMNは2015年にNHKスペシャル【NEXTWORLD】で放送され、秘かに話題になりつつありました。

さらにホリエモンやインテリア芸人として有名な中田敦彦さんがYou TubeでNMNについて話しており、NMNは日本で広まりつつあります。(2020年現在)

細胞レベルの若返りが期待出来るNMNは超高齢社会の日本にとって、欠かせないもになってくると予想されます。

まとめ

人に限らず生きている生物は、生きている限り老いていくという常識は変わっていくかもしれません。

そして老いという常識が変わることはセラピストがリハビリを行っていく上で、今までの常識が変わると思われます。

将来的には80・90代の高齢者ですが、身体は40・50代という方が今後増えていくかもしれません。

そうなると今までのリハビリの常識が通じなくなる可能性があるので、日々情報を入れながら自己研鑽していくことは必須となります。

理学療法士として、理学療法に関する勉強ばかりではなく理学療法以外の世間についても勉強の必要性を感じさせられたNMNに関する情報でした。

ここまで読んで頂きありがとうございました。