下肢

【医療者向け】基礎

【リハに役立つ!】下肢の運動連鎖についてまとめ

人の身体は多くの関節で構成されており、ある関節の動きが隣接する関節を通じて、多少なりとも全身に波及することは周知の通りであり、人の動きは多くの関節の動きを伴う。 人の動きというものは基本的に多くの関節運動を伴うことから、1つの関節のア...
2021.01.22
【医療者向け】歩行

【リハに役立つ!】歩行において「フットスラップ」はなぜ悪い?

臨床における歩行において「フットスラップ」はよく見かける跛行の1つです。 歩行観察において「フットスラップ」が原因で転倒リスクを伴うということは決して少ないとは思います。 しかし、なぜフットスラップは良くないのでしょうか? ...
2021.01.21
【医療者向け】歩行

【リハに役立つ】歩行において「膝折れ」はなぜ悪い?

臨床における歩行において「膝折れ」はよく見かける跛行の1つです。 歩行観察において「膝折れ」は転倒リスクが伴うから治すべきだと考えている方がほとんどですが、膝折れが生じているが転倒リスクを伴うほどではない膝折れは、なぜ良くないのでしょ...
2021.01.21
【医療者向け】歩行

【リハに役立つ】サルとヒトの歩行の違いから見る歩行メカニズムとは

元々人は元をたどれば猿であり、猿の前は四足歩行で移動していました。 しかし、進化することで二足歩行が可能となりましたが、なぜ二足歩行を獲得するに至ったのでしょうか? 近年、1つの芸としてニホンザルが二足で歩いている姿を見かけるが...
2021.01.21
【医療者向け】糖尿病

【理学療法士が伝える】靴を選定する際のポイントまとめ!!

理学療法士では患者さんに靴を購入したいので、それがいいのか聞かれることがあると思います。 靴を選定する為のポイントはもちろんあり、特に糖尿病などの末梢神経障害を有している方に誤った靴を選定すると、靴擦れなどにより足部が傷ついたことに気...
2021.01.20
【医療者向け】歩行

【リハに役立つ】歩行分析:トレデレンブルグの原因とは

歩行時のトレンデレンブルグは臨床において、よくみられる跛行の1つです。 トレデレンブルグ徴候が生じると、程度によっては転倒リスクが伴ったり、微弱な徴候でも歩行効率が悪くなり長距離の歩行が難しくなるかもしれません。 しかし、トレデ...
2021.01.20
【医療者向け】歩行

【医療者向け】理学療法士が伝える!!下肢筋力と歩行について

虚弱な高齢者が歩行能力が低下してしまう原因の1つとして下肢筋力低下は明らかです。 その為、高齢患者の歩行能力低下の原因を分析・訓練方法を決定していく上で筋力評価は欠かせません。 しかし、短距離の歩行はなんとか自立している潜在的な...
2021.01.20