歩行

【医療者向け】歩行

【リハに役立つ!】歩行立脚期における筋間の代償関係

歩行において立脚期というものは非常に重要であり、正常歩行に近い立脚を上手く引き出すことで歩行速度の向上につながります。 歩行速度というものは実用性の中で唯一歩行能力と相関関係があると言われており、歩行速度を引き出すために立脚期に着目するこ...
【医療者向け】機能・解剖

【リハに役立つ】広筋群が歩行時の重心上方移動に関わる理由とは?

大腿四頭筋の大部分を占める広筋群(内側広筋・外側広筋・中間広筋)のみが収縮すると膝関節伸展が生じます。 膝関節伸展について詳しくみていくと、膝関節伸展には大腿遠位・下腿近位部が後方へ回転しています。 広筋群に筋収縮による膝関節伸...
【医療者向け】歩行

【リハに役立つ】高齢入院患者における最大歩行速度と独歩自立の関係

働く環境にもよりますが、リハビリ病院で対象となる患者のほとんどは高齢者だと思われます。 高齢者が転倒による骨折や脳卒中の発症をきっかけに、移動に介助が必要になり活動量が低下することは決して珍しくありません。 特に認知症患者で自身...
2021.01.21
【医療者向け】歩行

【ペリーが伝える】脳卒中後患者の歩行速度と日常生活範囲の関係性

リハビリ業界のペリーと言えば、歩行に関することで非常に有名な方です。 歩行に関することで有名なペリーですが、ペリーらが1995年の脳卒中後患者の歩行速度と日常生活範囲の自立度に関する報告をしています。 この報告されたデータを元に...
2021.01.21
【医療者向け】歩行

【リハに役立つ!】歩行において「フットスラップ」はなぜ悪い?

臨床における歩行において「フットスラップ」はよく見かける跛行の1つです。 歩行観察において「フットスラップ」が原因で転倒リスクを伴うということは決して少ないとは思います。 しかし、なぜフットスラップは良くないのでしょうか? ...
2021.01.21
【医療者向け】歩行

【リハに役立つ】歩行において「膝折れ」はなぜ悪い?

臨床における歩行において「膝折れ」はよく見かける跛行の1つです。 歩行観察において「膝折れ」は転倒リスクが伴うから治すべきだと考えている方がほとんどですが、膝折れが生じているが転倒リスクを伴うほどではない膝折れは、なぜ良くないのでしょ...
2021.01.21
【医療者向け】歩行

【リハに役立つ】サルとヒトの歩行の違いから見る歩行メカニズムとは

元々人は元をたどれば猿であり、猿の前は四足歩行で移動していました。 しかし、進化することで二足歩行が可能となりましたが、なぜ二足歩行を獲得するに至ったのでしょうか? 近年、1つの芸としてニホンザルが二足で歩いている姿を見かけるが...
2021.01.21
【医療者向け】歩行

歩行のバイオメカニクスの基礎:遊脚期【二重振り子運動】まとめ

歩行のバイオメカニクスシリーズの遊脚期【二重振り子運動】についてです。 今回の二重振り子運動の記事を読む前に↓を参照して頂けるとより深く理解できるかと思われます。 歩行におけるバイオメカニクスの基礎:立脚前半【倒立振り子運動】 &#x2...
2021.01.21
【医療者向け】歩行

歩行におけるバイオメカニクスの基礎【立脚後半:TLA】

歩行の効率性に着目しバイオメカニクス的な視点でお伝えしていきます。   ここでは歩行の立脚終期に着目しお伝えしていきますが、下記文献も一度参考にしてみてください。 歩行におけるバイオメカニクスの基礎【立脚前半:倒立振り子運動】 &#x27...
2021.01.21
【医療者向け】糖尿病

【理学療法士が伝える】靴を選定する際のポイントまとめ!!

理学療法士では患者さんに靴を購入したいので、それがいいのか聞かれることがあると思います。 靴を選定する為のポイントはもちろんあり、特に糖尿病などの末梢神経障害を有している方に誤った靴を選定すると、靴擦れなどにより足部が傷ついたことに気...
2021.01.20