理学療法

【医療者向け】ストレッチ

【リハに役立つ】拘縮に対するストレッチ方法別の効果の違い

関節可動域制限に対して運動療法を行うことは効果があると言われており、リハビリにおいて関節可動域制限の治療に運動療法を行うことは珍しくありません。 運動療法の中でもストレッチは、関節可動域制限に対する治療の代表であり先行研究では対象によ...
2021.01.22
【医療者向け】基礎

関節可動域制限に対する治療の考え方(筋収縮に対する効果)

臨床における関節可動域制限の多くは拘縮のような軟部組織の器質的な変化に筋収縮が加わった病態を呈していることが多いです。 痛みが生じている場合、痛みは多シナプス反射により筋収縮を惹起することが分かっているため、痛みが筋収縮を発生させ関節...
2021.01.21
【医療者向け】基礎

【理学療法士が伝える!】シナジーについて基礎知識

シナジーという言葉を聞いたことはありますか? シナジーとはいくつかの機能的に類似した筋をまとめて支配する神経制御機構と呼ばれていますが、簡単に言うと【複数の筋肉をまとめた筋活動パターン】です。 人が動く為には筋が収縮し骨を動かす...
2021.01.21
【医療者向け】歩行

【ペリーが伝える】脳卒中後患者の歩行速度と日常生活範囲の関係性

リハビリ業界のペリーと言えば、歩行に関することで非常に有名な方です。 歩行に関することで有名なペリーですが、ペリーらが1995年の脳卒中後患者の歩行速度と日常生活範囲の自立度に関する報告をしています。 この報告されたデータを元に...
2021.01.21
【医療者向け】基礎

【リハに役立つ!!】筋損傷の回復の過程まとめ

過度な運動を行った後に遅発性筋肉痛(DOMS)とは筋損傷によって生じたものであり、外傷により生じた組織損傷の回復過程とは異なる過程を経て治癒していきます。 細胞レベルで若返る!?これからの常識を覆す若返り成分NMNとは? 筋線維...
2021.01.21
【医療者向け】歩行

【リハに役立つ!】歩行において「フットスラップ」はなぜ悪い?

臨床における歩行において「フットスラップ」はよく見かける跛行の1つです。 歩行観察において「フットスラップ」が原因で転倒リスクを伴うということは決して少ないとは思います。 しかし、なぜフットスラップは良くないのでしょうか? ...
2021.01.21
【医療者向け】歩行

【リハに役立つ】歩行において「膝折れ」はなぜ悪い?

臨床における歩行において「膝折れ」はよく見かける跛行の1つです。 歩行観察において「膝折れ」は転倒リスクが伴うから治すべきだと考えている方がほとんどですが、膝折れが生じているが転倒リスクを伴うほどではない膝折れは、なぜ良くないのでしょ...
2021.01.21
【医療者向け】ストレッチ

【リハに役立つ!】関節可動域とストレッチの生理学的な関係性

ストレッチは身体に様々な影響を及ぼし、理学療法などのリハビリでは古くから取り入れられている治療の1つです。 ストレッチを行う多くの目的が関節可動域制限の改善だと思われます。 ここでは関節可動域制限とストレッチの関連に絞って生理学...
2021.02.04
【医療者向け】ストレッチ

温熱療法とストレッチを効果的に組み合わせるポイントまとめ

ストレッチは古くから効果が示されており、様々な生理学的効果が期待出来ます。 ・軟部組織の伸張性↗ ・短縮した軟部組織の改善(組織構造変化) ・疼痛緩和 ・血流改善(+パフォーマンス向上) ・筋委縮...
2021.01.21
【医療者向け】基礎

【リハに役立つ】理学療法士が伝える筋委縮まとめ

筋委縮とは骨格筋の容積がなんらかの原因で縮小した状態と定義でき、その発生にも身体の不活動が大きく影響しいています。 不活動による筋委縮は廃用性緊縮と言われます。 実際の臨床においてギプスやスプリントなどによって関節が固定されたり...
2021.01.21