痛み

【医療者向け】ストレッチ

【リハに役立つ!!】関節可動域制限に対する治療戦略の考察まとめ

拘縮の定義は以下の通りです。 「皮膚や骨格筋、腱、靭帯、関節包などの関節周囲軟部組織の器質的変化に由来した関節可動域制限」 上記の定義では筋スパズム・痙縮などによって生じる筋収縮は含まれていませんが、関節可動域制限の多くは拘縮に筋収縮の...
【医療者向け】基礎

関節可動域制限に対する治療の考え方(筋収縮に対する効果)

臨床における関節可動域制限の多くは拘縮のような軟部組織の器質的な変化に筋収縮が加わった病態を呈していることが多いです。 痛みが生じている場合、痛みは多シナプス反射により筋収縮を惹起することが分かっているため、痛みが筋収縮を発生させ関節...
2021.01.21
【医療者向け】基礎

【リハに役立つ!!】組織損傷の治癒過程まとめ

主に結合組織で構成された組織(靭帯・腱など)が損傷すると残った細胞が増殖し、損傷された組織を元に戻そうとする機転が惹起されます。 治癒過程は大きく3期に分けられます。(1.炎症期、2.増殖期、3.成熟期) 炎症期・増殖期・それぞ...
2021.01.21
【医療者向け】ストレッチ

【リハに役立つ!】関節可動域とストレッチの生理学的な関係性

ストレッチは身体に様々な影響を及ぼし、理学療法などのリハビリでは古くから取り入れられている治療の1つです。 ストレッチを行う多くの目的が関節可動域制限の改善だと思われます。 ここでは関節可動域制限とストレッチの関連に絞って生理学...
2021.02.04
【医療者向け】痛み

【理学療法士が伝える】臨床ですぐに使える痛みの評価ポイントまとめ

痛みというものは筋力低下・筋委縮・関節可動域制限・廃用症候群など様々な悪影響を及ぼし、痛みというものは更なる機能障害を引き起こさない為にも早急に治療すべき症状の1つと言えます。 痛みを治療する為には痛みの原因を評価することが大切であり...
【医療者向け】基礎

【リハに役立つ!!】皮膚の機能解剖まとめ

骨・関節・骨格筋・末梢神経などどいった身体運動に関わる末梢組織を総称して運動器と言います。 運動器としての役割を発揮する為にはそれぞれの独自の機能がある末梢組織が連動する必要があります。 しかし、痛みなどにより本来の機能が発揮出...
2021.01.21
【医療者向け】物理療法

【リハに役立つ】物理療法:寒冷療法の生理学的効果

物理療法の中でも寒冷療法はよく使われる治療の1つです。 寒冷療法を上手く扱う、勉学を進めていくために寒冷療法の生理学的な効果は知っておく必要があります。 寒冷療法の生理学的効果・目的・適応・禁忌についてお伝えします。 経験豊富...
2021.01.20
【医療者向け】物理療法

【リハに役立つ】物理療法:温熱療法の生理学的効果

物理療法の中でも温熱療法はよく使われる治療の1つです。 温熱療法を上手く扱う、勉学を進めていくために温熱療法の生理学的な効果は知っておく必要があります。 寒冷療法の生理学的効果・目的・適応・禁忌についてお伝えします。 ...
2021.01.20
【医療者向け】痛み

【理学療法士が伝える】脳で感じる痛み:<痛みの認知>とは

痛みの認知は頭頂連合野・前帯状回・島皮質・前頭前野などいった広い領域が関わっています。 痛みの認知をもっと詳しく把握する為に記事の前に一度痛みの知覚・情動の記事を参照してみてください。 【理学療法士が伝える】脳で感じる痛み:<痛みの...
2021.01.20
【医療者向け】痛み

【理学療法士が伝える】脳で感じる痛み:<痛みの情動>とは

機械的侵害受容器はAδ線維、ポリモーダル受容器はC線維を通り、脳に痛み信号を伝えます。 Aδ線維は外側脊髄視床路を通り、視床の腹側基底核群を経由し一次体性感覚野・二次体性感覚野に到達します。 外側脊髄視床路は痛みの知覚経路と考え...
2021.01.20