【住宅環境コーディネーター2級を目指す】行為・洗面・整容について

洗面・脱衣所では洗面や歯磨き・更衣、入浴場では清拭といった様々な生活動作が行われます。

更衣を行う洗面・脱衣所ではプライバシー・スペースの確保が必要になります。

1.スペース

ベンチの設置や介助動作が行えるスペースは、間口・奥行きともに約1650mm(壁芯-芯距離1820mm)とされています。

 

2.床仕上げ

浴室の出入りを行いやすくするために入口段差を解消すると、床面が濡れやすくなるので以下のようにして対策する必要があります。

①床下地:耐水合板

②床仕上げ:洗面・脱衣室専用のフローリング材Pタイル塩化ビニル系の床、リノリウム床などを検討(濡れても滑りにくい)

 

3.設備機器

●カウンター式洗面台

片麻痺患者や高齢者がカウンターに寄りかかりながら片手で洗面動作を行うことができます

 

●車椅子対応の洗面カウンター

床面から720~760mmの高さに取り付けます。カウンター下の排水管に膝が衝突しないように注意します

 

●洗面所の鏡

立位・座位姿勢のどちらでも胸から上が映る大きさを選択します。

 

●水洗器具

シングルレバーの混合水栓・レバーが長いものが扱いやすいとされています。

また、車椅子使用者などはレバーが洗面器奥よりも横に付いている方が使いやすいとされています。

 

●洗濯機

高齢者や障がい者が使用する場合は、動作に合わせて使いやすい高さ(中が見える・衣類が取り出しやすい)に設置します。

 

4.収納

歯ブラシなど常時使用するものは洗面カウンター左右に埋め込み収納を的確な高さに設けて収納すると使いやすいです。

常時使用しない場合は、吊り戸棚に収納します。