【住宅環境コーディネーター2級を目指す人向け】屋内移動―階段

理学療法士が住宅環境コーディネーター2級を取るために勉強した内容をまとめていきます。【2021年】

住宅環境コーディネーターの2級の資格所得を目指す人には参考にして下さい。

ここは【階段】についてまとめていきます。

階段の位置と形状

階段の位置

生活空間が2階以上あるときは、寝室とトイレの間に階段の下り口がこないように特に配慮します。(階段の下り口前をトイレの出入り口と間違えて転落しないようにするため)

 

階段の形状

高齢者や障碍者のために踊り場があり、勾配の緩やかな階段が望ましいとされています。

階段の寸法

蹴上と踏面

蹴上げ:230mm以下  踏面:150mm以上と規定(建築基準法)

しかし、高齢者・障碍者では上記の寸法では転倒の危険が高いです。

そのため実用的な比較的安全な階段勾配として高齢者等配慮対策等級の階段勾配、等級5、4では階段の勾配を以下のように規定しています。

550mm≦2R+T≦650mm (R:蹴上げ、T:踏面)

蹴込み版の取り付け

加齢や障害によって足を上げる力が弱まり、上がる時み段鼻部分に足を引っかける危険性があります。

蹴込み板を必ず設けて、蹴込み寸法は30mm以下とします。

手すり

手すりは出来るだけ両側につけます。

両側設置が困難な場合は降りるときに転落の危険性があるので、降りる時に利き手・非麻痺側となるように手すりを設置します。(建築基準法上は住宅階段には設置義務があります)

手すりは廊下同様に出来るだけ連続させ、出来ない場合は手すり端部間の空き距離を400mm以内とします。

取り付ける高さ:750~800mmとします。(使用者の大腿骨大転子に合わせる)
手すりの太さ:直径32~36mm

 

ノンスリップ

階段での転落防止のために段鼻部分にノンスリップを設けます。

ノンスリップに躓かないように薄型のものを使用するか、シール状のノンスリップテープを張ることが推奨されます。

製品によって使用感がことなるため、実際に使用する状態で現物を試してから採用します。

また、塗装による滑り止め方法もあるので、そちらも検討します。

 

階段昇降機・ホームエレベーター

階段昇降動作が困難にな場合、階段昇降機ホームエレベーターの導入を検討します。

原則は新築時に設置することになりますが、将来に向けて各階の階段付近に1.5~2.0畳のスペースを確保しておく例もあります。